スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

つYesterdayBreaker_EURUSD.mq4



irisFXは直近高値・安値を更新したときにエントリーしていたことは以前の分析で分かっていました。単純に前日高値・安値を更新したときにエントリーするようなEAを作ってみました。irisFXのロジックを理解するための実験EAです。運用のことは全く考えていない設計です。不利益が発生したとしても責任は持ちません。

ダウンロードURL
http://ux.getuploader.com/junaea/download/2/YesterdayBreaker_EURUSD.zip

slとtpはHistory2ChartのMAEとMFEを参考にしながら適当に設定しました。irisFXの場合は動的なslでもっと適切に処理しています。もちろんこのEAで稼げるとは全く考えていません笑。これをベースに改良していけばirisFXに近づくと思います。勉強のためにロジックを真似してみることは重要です。この単純なロジックからどんなことが見えてくるのかということも大事だと思います。なぜ2009年から機能するようになったのか・・・など。なんでかなw

irisFXは2008年からのバックテストしか公開していません。探せなかっただけかな汗。2007年のYestardayBreaker_EURUSDはボロボロです。irisFXはどうでしょうね。とりあえず直近では機能しているようです。ベースとなるロジックでも機能している上にirisFXでは調整済みだと思うので販売のタイミングは良いかもしれません。でもロジックが大体見えてくると直近高値・安値の更新に近づいたら注視して裁量スキャルするということでもいいと思うのですけどね。

そもそもEA分析ツールHistory2Chartがなければここまでの分析にたどり着くことはないでしょう。ということであなたのEA研究ライフを豊かにするかもしれない自作ツールHistory2Chartはおすすめです。終

関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。