未分類

スキャルピングEAが多い理由。

ところで、世の中には スキャルピングEAが多いようですね。
自動売買の点から EAはスキャル系がいいのでしょうか?

私なりに考えたのですが、
>計画段階で想定したマーケットの状態
保有時間が長くなるほど「マーケットの状態」が変わりやすく、テクニカル以外の影響を受けやすくなるからなのでしょうかね。
そして、スキャルは資金効率がよく、トレード回数が多いので「マーケットの状態」を判断しやすいから スキャルEAが望まれるのでしょうかね。。


スキャルピングEAが多い理由はいくつかあると思いますが、商用EAの影響が大きいでしょうね。しかし実運用のEAと商用EAとでは考え方が全く違うのでここでは取り上げないことにします。

短期のシステムも長期のシステムも優劣はつけがたいと思います。長期システムはトレード回数が少なく、エントリーのパターンをEA化しにくいので表に出てこないだけでしょう。エントリーを判断するのに複雑なパターン認識やニュースといったMT4の範囲から超えるものがあるとバックテストではそのシステムの有効性を確認するのは難しくなると思います。うまくEA化できたとしても、そのEAは一般的なトレーダーから見れば短期間でどんどん稼げるEAではない上にトレード回数が少ないので信頼性に欠けると見えることでしょう。実際には短期システム以上の堅牢性と収益性を持っていたりします。

逆に短期システムはMT4内の条件で全てできると思います。ニュースや株価といった不明な情報が与える影響があったとしても、それを含めたシステムの有効性を計測できます。誰でも同じ結果を再現できますし、短期間でどんどん稼げるEAという条件も満たしやすくなります。トレーダーの興味も引くので研究したり改良したりする人が多くなるのだと思います。そのためスキャルピングのような短期のEAが多いように見えるのだと思います。短期システムとEAとトレーダー(と商材屋)は相性が良いということなのでしょう。

長期システムでEAを使う場合にはトレードの判断を助けてくれるツールとしての使い方が良いと思います。EAにパターン認識をさせるのは難しいです。エントリーは自分で判断して裁量でポジションを持ち、クローズまでの処理はEAに任せるというような使い方がよいと思います。自分が苦手とするものをシステム化してEAに任せるという役割分担が良いと思います。
関連記事
検索フォーム

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ